三州瓦 株式会社神清

三州瓦、軽い瓦、防災瓦、太陽光発電と屋根工事は三州瓦窯元の神清へ。

地震や台風に強い防災瓦・軽量瓦。三州瓦と屋根材の販売。








HOME ≫ 屋根のことならおまかせブログ
屋根のことならおまかせブログ

2017年06月27日

屋根点検して思うこと。瓦は交換できますよ〜!

こんにちは〜。
「我が家と思って、心を込めて、誠実に調査・補修をいたします。」がモットーの
屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

住宅調査で、屋根点検を行いました。

2階天井に雨染みがありました。
お施主さまにお聞きすると、
電気屋さんがアンテナ工事したときに、瓦を割ったそうです。
その後、雨漏りするようになったので、補修を頼んだことがあったとのことでした。

屋根に登ってみると、瓦が1枚補修されていました。
シーリングがベッタリと。

瓦の場合、ひび割れが途中で止まることは少なく、完全に破断します。
それをシーリングで止水することはむずかしいです。

DSC00641.JPG

多くの家の庭先には、交換用の瓦が数枚用意されています。

26-2.jpg

瓦は比較的簡単に交換することができます。

割れたら、シーリングではなく、交換してください。

瓦屋根工事業者なら、交換できますよ〜!



posted by KAMISEI at 08:26| Comment(0) | 屋根工事

2017年06月23日

この頃、屋根で蜂の巣を見かけます・・・巣が小さい今の内に退治しましょう!

こんにちは〜。
「我が家と思って、心を込めて、誠実に調査・補修をいたします。」がモットーの
屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

この頃、屋根調査を行っているとよく目にするのが蜂の巣です。

DSC00690 (3)_R.JPG

まだ、巣の大きさは小さいのですが、蜂は普通のサイズです。

雨戸ボックスの下や軒裏などの雨掛かりしない部分に見かけます。

DSC00709 - コピー_LI_R.jpg

DSC00343 (2)_R.JPG

蜂の種類もいろいろです。

DSC00310 (2)_R.JPG

蜂の巣の小さい内に退治しましょう!

大きくなると危険ですから・・・


posted by KAMISEI at 16:42| Comment(0) | 屋根工事

2017年06月19日

外壁のリフレッシュ工事やってま〜す!

こんにちは〜。
「我が家と思って、心を込めて、誠実に調査・補修をいたします。」がモットーの
屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

外壁の塗装は家をリフレッシュしてくれます。

長く住むには、定期的なメンテナンスが必要ですね〜!

RIMG9939.JPG

しっかり、養生してま〜す!

RIMG9950.JPG

右側がメンテナンス前、左は塗装後。
20年も経過すると、洗浄した外壁でも汚れはついていますね。
塗装でよみがえります。

RIMG9966.JPG

これで、しっかりと雨水浸入を防ぎ、住宅を守ってくれますね。

posted by KAMISEI at 09:00| Comment(0) | リフォーム工事

2017年06月07日

雨漏り補修では、劣化部のピンポイント補修もありますよ〜!

こんにちは〜。
「我が家と思って、心を込めて、誠実に調査・補修をいたします。」がモットーの
屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

雨漏り補修では、部分的に補修する場合もあります。

漏水部分がピンポイントの場合には有効です。

散水により漏水箇所を調べます。

RIMG9561_R.JPG

RIMG9569_R.JPG

劣化部分がピンポイントの場合、その部分だけの補修で終わることもあります。

RIMG9902_R.JPG

RIMG9904_R.JPG

RIMG9908_R.JPG

既存の屋根・壁の材料にもよって、異なりますけどね〜!


posted by KAMISEI at 10:36| Comment(0) | リフォーム工事

2017年05月25日

日米の木造住宅・耐久性のセミナーに参加しました!

こんにちは〜。
「我が家と思って、心を込めて、誠実に調査・補修をいたします。」がモットーの
屋根・雨漏りの調査員、神谷昭範です。

屋根通気のセミナー「日米比較 これからの木造住宅の耐久性とは」に参加してきました。

E.Iデュポン リサーチフェローのテレサ教授から、アメリカの考え方を披露していただきました。

アメリアでは持続循環型建築においては、熱管理・エネルギー効率性と同時に、
湿気管理・耐久性が両輪となるように規定されています。

日本では、断熱基準の強化が進んでいますが、
耐久性については、基準の整備が取り残されているようです。

耐久性を管理するためのキーワードとしては、
防水・防風/気密・乾燥の3つとなっています。

屋根・バルコニー・パラペットなどにおいては、まだまだ、不明確ですね。

大変、勉強になった勉強会でした。

IMG_2256.JPG

弊社が研究して、日経ホームビルダーに連載された屋根の研究内容も発表されました。

日本の屋根性能の向上に少しずつですが、貢献していま〜す。



posted by KAMISEI at 08:49| Comment(0) | 屋根工事

GO BACK PAGE TOP
地震や台風に強い軽い瓦・防災瓦、太陽光発電と屋根工事は三州瓦窯元の神清へ。
三州瓦 株式会社神清
〒475-0807  愛知県半田市八軒町28番地
   TEL  0569-22-4711   FAX  0569-22-9367